FC2ブログ
07 月<< 2018年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信玄公祭り

最近『天地人』の影響もあり、戦国時代がちょっとしたマイブーム!
もともと戦国時代は日本史の中でも好きな時代なんで、前にも増して
興味津々な今日この頃。
最近知ったんだけど、意外と戦国をテーマにしたお祭りって多いいみたい。
新潟県でも春日山で謙信公をテーマにしたお祭りがあるみたいだし、
今俺がいる、山梨県には信玄公祭りなるものがあった!

と言うわけで、先週の土曜日に山梨県甲府市であった信玄公祭りなるものに行ってきました!
正確に言うと金、土、日の3日間のお祭りで、それぞれの日に色々なイベントを
やってるみたい。
で、土曜日に仕事がたまたま休みだったんで甲府駅前でやっていた『甲州軍団出陣』
を見に行きました指でOK

事前情報で、甲冑を着た軍団が甲府駅から舞鶴城まで行軍するという情報をキャッチ!
なんかこの時代に甲冑武者達の行軍が見られるなんてわくわくしません?
甲冑とか刀とか、というか侍が大好きな俺としてはもういてもたっても居られず、
俺も甲府に出陣じゃ!


で、車で行くとかなり混みそうだったんで電車で甲府へ!
駅に降りて、出口へ向かうといきなりの人だかり。なんと出口で甲冑を来た若武者たちが
お祭りのパンフレットを配ったり、観光客と写真をとってるじゃん!
外人さんが特に大喜びわーい(嬉しい顔) スシ、ゲイシャ、サムライ、ジャパン!
俺も大喜び!ちなみに1人で行ったから、かなり不思議な人だったかも(笑)

4b5932362ef764b5932362e7b7_1141799092_227.jpg
甲府駅の周辺では色々な場所で甲州軍団の各部隊が色々なイベントをやってました!

ちなみに、この甲州軍団には、風林火山の4つのグループがあり、その1つ1つに6部隊が
所属してます。つまり、総勢24の部隊が甲府の町を行軍すると言うとても壮大なイベント
なんです。
それぞれの部隊は、山梨に支店を持つ企業の社員や地域の行政の職員で構成されていて
本当に地域に密着したイベントな感じがしました。

で、その24部隊が行軍が始まる時間まで、甲府市の色々な場所で観光客にお酒を振舞ったり、記念写真を取ったりと色々なイベントをしていました。
俺は山本勘助をはじめ、真田幸村の祖父に当たる真田幸隆や小幡虎盛など名だたる武将
と写真を撮らせてもらいご満悦!
振る舞い酒もたくさん頂けて、、なんて楽しいお祭りなんだわーい(嬉しい顔)


16時から子供武者の出陣が始まり、17時に「三献の儀」による出陣式が行われました。
なんとここで、中田英俊登場!今回武田信玄役の柔道の金メダリスト、山下泰裕さんを応援する特別ゲストとして招かれたみたいです!
中田の登場と同時にあちこちでものすごい黄色い声が!!
黄色い声と言うかもはや悲鳴むふっ
ちょっとだけの登場でしたがものすごい存在感だった~!
4b59323819a3c4b59323819654_1141799092_66.jpg

そして、17時半。いよいよ甲州軍団の出陣!!風の一番隊から山の六番隊、そして本陣隊までの全25部隊が堂々と甲府の町を行軍する様子は、現代のビル街の風景の中にありながらも壮観!徐々に日もかげり、暗い中を甲冑を着た歩兵や弓兵、鉄砲隊や各部隊の大将をはじめとする騎兵が進む姿は、とても迫力があり、また甲州軍団の逞しさを感じさせました。

始まっちゃうとひたすら行軍をみるだけなんだけど、
4b59323a00e554b59323a00a70_1141799092_1.jpg

行軍途中も3箇所でパフォーマンスが行われ、見ている人を楽しませてくれました。

最初の部隊が出陣してから、最後の本隊が目的地である舞鶴城に到着するまでなんと
2時間以上!!今考えるとよく最後まで居たな~、俺(笑)
でも舞鶴城には色々な露店もでていてにぎやかでした。
俺は鮎の塩焼きを肴に、地元のお酒を試飲でもらって飲んでたよとっくり(おちょこ付き)
う~ん、幸せるんるん

19時55分の電車に乗って帰ろうと思ったんだけど、帰陣式が20時までだったんで最後まで
見ていきました!折角だしね。
最後は舞鶴城上空に花火が上がり、お祭りも終了。
俺は電車のホームを間違え、予定よりも大幅に遅れて寮にもどりましたとさ、、
臨時ホーム使うとか初めてくる人には分かり難いですから!!
まあ電話してアナウンス聞いてなかった俺が完璧に悪いけどたらーっ(汗)


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
三献の儀

三献の儀(さんこんのぎ)とは、神前式の三三九度の杯の儀式のこと。さんけんのぎ、さんごんのぎとも読む。本来は出陣・帰陣・祝言などの際の献杯の礼を指す。打ちあわび、勝ち栗、昆布の三品を肴に酒を三度ずつ飲み干す。室町時代より武士の出陣・婚礼・式典・接待宴席などで重要な儀式とされた。とくに出陣での三献は三献目の盃を飲み乾した後、地面に打ち付けて割り、大将が鬨(とき)の声を挙げ陣営を鼓舞する。現在では、結婚式の三三九度のほか、正月や選挙の出陣式、端午の節句や七五三、祭りなどにて行われる。

http://wedding.dictionarys.jp/%E4%B8%89%E7%8C%AE%E3%81%AE%E5%84%80.html
より引用

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

まーさ

Author:まーさ
ニュージーランドへ留学したり、
すし屋で店長をやったり、
自然が大好きな自分の気持ちを
抑えきれず転職して、
今は清里高原で
インタープリター(自然の案内人)
として過ごす毎日。

毎日が色々な表情を見せる自然、
様々な考え方を持つ人々、
そんな生活の中で見つかる新しい自分、
たくさんの出会いに囲まれています。
そんなたくさんの出会いを
大切にしていきたいと思います。

 
 
 
 
 

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。