FC2ブログ
11 月<< 2018年12 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>01 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きな木が教えてくれること


木が好きです。

森を歩くと色々な木があります。

大きな木、小さな木
まっすぐな木、ぐにゃぐにゃした木
緑がきれいな木、枯れてしまった木
他の木に巻きついている木、他の木とくっついている木

神代桜2013

山梨にはとても大きな桜の木があります。
山高の神代桜。
樹齢は推定2000年とも言われています。
日本で最初の天然記念物であり、日本最古の桜の木。
日本武尊が東征をした帰りに手植えしたという神話が残るほど、
さまざまな歴史をその身に刻んでいます。

2000年って、途方もない時間ですよね。
長い歴史の中で桜の木は何を見てきたんだろう?
どんな人がこの地方には住んでいて、
どんな自然があって、
どんな風に移り変わってきたんだろう?

今見えるのは、今ある風景だけだけど、
この桜の木があるおかげで、
2000年前に気持ちを遡らせてくれる。

ぬしの木2013

清里にある大木。
僕たちレンジャーはこの木を、森のぬしの木と呼ぶ。
推定樹齢は160年~200年ほど。
清里に開拓の父、ポールラッシュ博士が来たのがいまから75年前。
そのずっと前からこの森を見てきたぬしの木。

この場所はどんなところだったの?
落葉松の林ができる前はどんな木があったんだろう?
昔から清里はこんなに寒いのかな、もっと寒かったの?

ここに来るたびに、ぬしの木に語りかけてみる。
この木があるから、この場所が特別な場所になる。
語りかけるから、この場所が更に特別な場所になっていく。

数日前、一緒に来たお客さんは、
『廻りに木がなく、唯我独尊
でも一人でさみしくはないかい?』
と、木に語りかけていた。

確かにこの周りには、この木と同じくらい大きな木はない。
きっと昔は一緒に育ってきた木もいたんだろうな。
でも、今は一人。
お客さんが言った、さみしくはないかい?という問いかけが
とてもしっくりときた。

木は静かに森の中に佇んで、
言葉は発しないが、
いつもたくさんのことを語りかけてくれる。


木が好きです。

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

まーさ

Author:まーさ
ニュージーランドへ留学したり、
すし屋で店長をやったり、
自然が大好きな自分の気持ちを
抑えきれず転職して、
今は清里高原で
インタープリター(自然の案内人)
として過ごす毎日。

毎日が色々な表情を見せる自然、
様々な考え方を持つ人々、
そんな生活の中で見つかる新しい自分、
たくさんの出会いに囲まれています。
そんなたくさんの出会いを
大切にしていきたいと思います。

 
 
 
 
 

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。