FC2ブログ
01 月<< 2012年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日、第4回つなぐ人フォーラムが無事に終了しました。
応援していただいた方、参加していただいた方、
本当にありがとうございました。

イベントの詳細は↓
http://www.keep.or.jp/ja/foresters_school/2011/09/19001162.html


『つなぐ』ことをテーマにした本フォーラム。

最近は、『絆』や『つながり』なんて言葉を聞く機会が
増えました。

そんな『つなぐ』をテーマにした本フォーラムに、
事務局としてかかわることで、色々な刺激を得ることができました。

同時に、『つなぐ』『つながる』ことの意味に関しても深く考えさせられました。


そもそも人と人がつながることって、至極当然のことで、
つながりがあるから社会が生まれている。
自然と人にしても、自然は周りにあるのだから、
当然つながりは普段からあるはず。
じゃあなんでそんな場を作らないといけないんだろう。

利便性や専門性の追求からなのか、
社会にはいろいろな『役割』が生まれて、
組織にもいろいろな業種や科が生まれた。
学生もどんどん細分科された学部や学科が
生まれている。

おかげで個々の専門性は進んで、
研究が発達したおかげで、
どんどん便利な世の中になったけど。。。

今は逆にその分業化が問題しされて、
挙句の果てに当たり前の『つなぐ』を
生み出すことが仕事になってしまう。


なんとなく、自分が感じたこと、
きっと『つなぐ』ことでは世の中はよくならない。
『つなぐ』ことは社会の根本であって、
特別なことではないから。

相手を思いやること、お互いに尊重しあえること、
感謝すること、
そして、それらを感じられる日常を幸せと思えること。

きっと心からそう思えている『つなぐ』人が、
それらを伝えながら、つなぐ場を作っていくことが、
本当に意味でいい『つながり』を作っていけるんじゃないかな。


憎しみや怒り、恨みもつながりが生み出していくもの。
それを否定してはいけないし、忘れてはいけない。



スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : ぼやき
 

プロフィール

まーさ

Author:まーさ
ニュージーランドへ留学したり、
すし屋で店長をやったり、
自然が大好きな自分の気持ちを
抑えきれず転職して、
今は清里高原で
インタープリター(自然の案内人)
として過ごす毎日。

毎日が色々な表情を見せる自然、
様々な考え方を持つ人々、
そんな生活の中で見つかる新しい自分、
たくさんの出会いに囲まれています。
そんなたくさんの出会いを
大切にしていきたいと思います。

 
 
 
 
 

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。