FC2ブログ
05 月<< 2019年06 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>07 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木が好きです。

森を歩くと色々な木があります。

大きな木、小さな木
まっすぐな木、ぐにゃぐにゃした木
緑がきれいな木、枯れてしまった木
他の木に巻きついている木、他の木とくっついている木

神代桜2013

山梨にはとても大きな桜の木があります。
山高の神代桜。
樹齢は推定2000年とも言われています。
日本で最初の天然記念物であり、日本最古の桜の木。
日本武尊が東征をした帰りに手植えしたという神話が残るほど、
さまざまな歴史をその身に刻んでいます。

2000年って、途方もない時間ですよね。
長い歴史の中で桜の木は何を見てきたんだろう?
どんな人がこの地方には住んでいて、
どんな自然があって、
どんな風に移り変わってきたんだろう?

今見えるのは、今ある風景だけだけど、
この桜の木があるおかげで、
2000年前に気持ちを遡らせてくれる。

ぬしの木2013

清里にある大木。
僕たちレンジャーはこの木を、森のぬしの木と呼ぶ。
推定樹齢は160年~200年ほど。
清里に開拓の父、ポールラッシュ博士が来たのがいまから75年前。
そのずっと前からこの森を見てきたぬしの木。

この場所はどんなところだったの?
落葉松の林ができる前はどんな木があったんだろう?
昔から清里はこんなに寒いのかな、もっと寒かったの?

ここに来るたびに、ぬしの木に語りかけてみる。
この木があるから、この場所が特別な場所になる。
語りかけるから、この場所が更に特別な場所になっていく。

数日前、一緒に来たお客さんは、
『廻りに木がなく、唯我独尊
でも一人でさみしくはないかい?』
と、木に語りかけていた。

確かにこの周りには、この木と同じくらい大きな木はない。
きっと昔は一緒に育ってきた木もいたんだろうな。
でも、今は一人。
お客さんが言った、さみしくはないかい?という問いかけが
とてもしっくりときた。

木は静かに森の中に佇んで、
言葉は発しないが、
いつもたくさんのことを語りかけてくれる。


木が好きです。
スポンサーサイト
つなぐ人②


今年も無事につなぐ人フォーラムが終了しました。

全国各地から150人近くもの人が集まり、
お互いの活動を紹介しあい、ここでつながり、また新しい活動を生み出していく。
そんな場に関われることを本当にうれしく思います。

スタッフとして、フォーラムに関わることは大変なこともたくさんあります。
それでも、一緒にこのフォーラムを良くしようと奮闘するスタッフや、
なによりボランティアとして集まってくれた14人のボランティアスタッフに
励まされながら、3日間を過ごすことができました。

特にボランティアさんの働きにはいつも脱帽です。
受け身になりがちな、ボランティアの仕事を主体的に考えながら、
一番いいと思える動きをしてくれる。
もちろん、ベストではない時もありますが(これは自分も大いに含めて)、
そういった一生懸命さがフォーラムにいい雰囲気を生み出してくれるんだと思います。

ここで出会った人たちと、今後仕事をしていくことを目指して、
もっと頑張らないと!

なんだかんだでこのフォーラムとの付き合いも3年!
いつも成長させていただいてます!
つなぐ人③

8月も残すところあと4日
今年の夏もあっという間に終わってしまいそうです。

今年の夏は、初の網地島や、5年ぶりの佐渡島など、思う存分に楽しむことができました♪
色々な人との出会いや、懐かしい自然との再会に感謝です


さて、先日、念願の川俣川の遡上をしてきました
最近流行ってきているらしいシャワークライミング
フィールドの調査の為に(?)、遅出の午前中を利用して、
これまたお休みの先輩と遡上してきました

吐龍の滝2

吐龍の滝の駐車場から、遡上開始
川の水は通年13度くらいの水
この日も、、、めっちゃ冷たい

川俣 難所A

川俣川にはそんなに難所は多くないが、
時折流れの急な場所や深み、大きな岩が
行く手を阻む
う~ん、楽しい

湧水

歩いていると、川岸のいろいろな所から湧水が。。。
切り立った岩から水が染み出て滝を作っている様子は、
ニュージーランドのミルフォードサウンドを
思い出させる
まあ、規模はだいぶ違うんだけど

鉄平石の滝

川岸の鉄平石が水で削られてできた自然の造形
幾重にもなった岩の層が美しい。
さながら、トルコのパムッカレやアメリカのグランドキャニオンを
彷彿させる。
まあ、勝手な妄想だけど

魔晄の瀬岩

大きな岩の上を水が流れる場所、魔晄の瀬岩。
両岸を深い渓谷に囲まれた中、渓流の冷たい水が巨岩を
削りながら勢いよく流れていく
あまりの美しさに言葉がでなかった。
身近にこんなにすごい場所があったなんて。。


これまで何度も歩いてきた川俣川のトレイル。
それでも、少し見方を変えてみるだけで、
全然違う色々なすごい表情を見せてくれた。

まだまだ身近な自然でさえ、知らないことがたくさん。
なんて面白い!






本日、会社の寮から荷物をすべて運びだし、
新居への引っ越しが完全に終了しました。

会社までの移動時間は1時間。
これまでの出勤時間が5分だったのに比べると
ずいぶんと遠くまで来たものですw


給料が倍増したわけでも、
住宅手当が出るわけでも、
寮暮らしがうんざりするほど悪かったわけでも、
ありませんが、

たまたま通えるぐらいの距離に、
両親の別荘があったことと、
ただ一人で暮らしてみたくて寮を出ました。

庭で畑ができそうなので、
色々と作ってみるつもりです。
昨年、パーマカルチャーを学んだことを
実践してみたい!

自分で作りながら暮らしていくことを、
目標にして、
百姓にはほど遠いですが、
一姓、二姓、と前進していきたいものです。

自分が暮らす土地と向き合って、暮らしていく。
地に足をつけて暮らしていけることに、
喜びを感じています。

今日は全国的に温かい天気でしたね。
清里でもこの時期珍しく大雨が降りました

真冬に雨なんて、今年は異常だな~、なんて思っていたら、
昔から気象の統計を取っている先人原人の方に聞いたら、
去年も同時期に雨が降っていたそうです。
今年は2月4日に立春を迎えましたが、
自然はちゃんと毎年同時期に春らしい天気を用意してくれていて、
昔の方はちゃんとそれを理解していたんだな~と、
尊敬の念は深まるばかりです。


さておき、最近というか昔から、僕は料理が大好きなのですが、
料理にせよなんにせよ、作り出すことは人生を豊かにするな~、
なんてたいそうなことを思っています。

ラム

先日、安くラムが手に入ったのでグリルをして楽しみました。

鮨

節分では、恵方巻き、は作れませんでしたが、太巻きで季節感を楽しんでみました。


恵方巻きも買えばそれで十分だし、ラム料理もお店に行けばもっといいものを食べれるかもしれません。
でも、料理を通して、
肉や魚、ハーブに野菜などの食材選びを楽しんだり、
実際に作る工程を楽しめたり、
食べるときにワインや日本酒などの演出や、おいしさを楽しんだり、
出来栄えに対する、満足感や次はこうしてみようとひそかな野望を抱いてみたり。。

自分で作ると、その場だけでなく、準備や今後のことでも楽しめるな~と実感しています。
これってお金で買えない価値ですよね!


たくさん稼いで、お金と時間を両替する人生も楽しそうだな~と思う一方で、
ほどほどに稼いで、自分で手作りしながらのんびりとスローライフを楽しむのが
たぶん自分には合っているんだろうな


パーマカルチャーの講座で、
自分でものをつくると、
計画を立てる楽しみ、組み立てる楽しみ、
作ったものへの愛着、壊れても自分で直す楽しみ、
があるんだよ、と教えてくれた方がいました。

価値観が変われば人生は何倍も楽しくなる!
自分にとって料理はきっと人生を何倍も楽しくしてくれる
スパイスの一つなんだなって思いました
 

プロフィール

まーさ

Author:まーさ
ニュージーランドへ留学したり、
すし屋で店長をやったり、
自然が大好きな自分の気持ちを
抑えきれず転職して、
今は清里高原で
インタープリター(自然の案内人)
として過ごす毎日。

毎日が色々な表情を見せる自然、
様々な考え方を持つ人々、
そんな生活の中で見つかる新しい自分、
たくさんの出会いに囲まれています。
そんなたくさんの出会いを
大切にしていきたいと思います。

 
 
 
 
 

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。